健康的な髪の毛は?

健康的な髪の毛は?

髪の毛の成分は、殆どが18種類のアミノ酸でできたたんぱく質で、硫黄を含み、これらが繊維状につながったケラチンから出来ています。そのため、水分を含み、弾力性に富みます。

 

健康な髪の毛は、12〜13%の水分が含まれていますので、ブローのし過ぎなどで、水分が不足すると、ツヤがなくなり、パサ付いたダメージの髪となります。リンスやトリートメントで水分が蒸発しないよう、覆ってあげる事が必要となります。

 

毛髪は、メジュラ、コルテックス、キューティクルの3層構造でできています。メジュラとは、髪の毛の中心になる部分で、髪の毛の太さを決めています。コルテックスとは、メジュラの周りを覆う、繊維状のたんぱく質です。この中には、メラニン色素があり、この大きさや構造の違いにより、髪の色が違ってきます。

 

コルテックスの周りをうろこ状に覆っているのがキューティクルです。。髪の毛の表面となります。外部の刺激から、髪を守る働きをしています。健康な髪の毛ではキレイにならんでいますが、うろこ状の模様は、指紋と同様、個人によって、異なっています。

 

また、髪の表面にあるキューティクルは、髪を守る働きがあります。髪が健康かどうかは酸性・アルカリ性の状態によって影響します。毛髪を作っているたんぱく質は、弱酸性の状態が良いとされています。ヘアカラーやパーマの後は髪の毛のPHを弱酸性に保つようなヘアケアが必要となります。

 

 

薄毛予防ならここを参考にしてください。